1901年 (明治34年) 岐阜県不破郡赤坂町(現大垣市)において、矢橋大理石商店を創業
名義人 矢橋亮吉
1938年 (昭和13年) 〔6月〕工場機械修繕部を拡張して工作機械の製作を開始(鉄工業)
〔11月〕合資会社矢橋大理石商店鉄工部と称し、鉄道省の認可を受け、機関車客車・貨車等の鉄道車輌部品の機械加工並びに鍛造加工の業務を開始
1939年 (昭和14年) 鋳造部を創設し、工業鋳物の製作に着手
1941年 (昭和16年) 〔11月〕鉄道車輛鋳物(軸箱・制輪子他)の製作に着手
1943年 (昭和18年) 商工省より高級鋳物指定工場に指定される
1948年 (昭和23年) 会社を事業部門に基づいて分割竃橋製作所を鉄工関連部門として独立させる
1949年 (昭和24年) 鉄道車輛用室内金具、バルブ、コックの量産体制を確立
1956年 (昭和31年) 輸出車輛用真空ブレーキシリンダーの製作開始、このころJNRで油流継電器、砂巻器が矢橋図番で採用される
1959年 (昭和34年) 山武ハネウェル(現在のアズビル梶jとの取引開始。
産業用バルブの鋳造、加工、組立、組付の一貫生産を開始。(現在鋳造は外部調達です。)
1967年 (昭和42年) 鍛造工場の新築移転
1975年 (昭和50年) 鉄道車輛用軸箱加工工場整備
1980年 (昭和55年) 鋳物工場新設
1991年 (平成3年) 矢橋大理石株式会社と株式会社矢橋製作所が合併し、存続会社は矢橋大理石株式会社となり、旧株式会社矢橋製作所の関連は鉄工生産部となる
1992年 (平成4年) 機械・組立工場新設
2009年 (平成21年) 鉄道車輛用軸箱加工機械増設、三次元測定機導入
2010年 (平成22年) 横型マシニングセンタ HN63 6パレット更新
2013年 (平成25年) 〔3月〕横型マシニングセンター HN63E 6パレット増設
2014年 (平成26年) 〔12月〕立型マシニングセンター V515 増設
2015年 (平成27年) 〔9月〕横型マシニングセンター HN63E 6パレット増設
2017年 (平成29年) 〔2月〕CNC立型旋盤Φ1000 TUE-100 増設